遺品整理を依頼する場合は専門家に依頼しますが、中には悪質業者も存在しています。持ち逃げなどもあるので注意しましょう。
Show MenuHide Menu

遺品整理とは?

例えば誰かがなくなった場合は、その人が生前持っていた物は遺品となります。

家財道具や衣類はもちろんの事、貴重品などもあります。

大抵は遺族が遺品整理をしますが、家族を失ったショックでそれどころではない場合もあります。
特に、身寄りのない高齢者の場合は、遺品整理をする遺族もいません。

特に最近は少子高齢化に伴い、身寄りのない高齢者の孤独死なども増えています。

この場合遺品整理をする人がいませんし、こういったケースに関しての遺品扱いに対する法律も無いに等しいため、引越し業者やリサイクル業者が無断回収したり、貴重品の持ち逃げをしたりというトラブルも起きています。

遺族がいたとしても、遠い親戚というような場合は、わざわざ遺品整理に行くのも手間がかかるので、業者に依頼する事もあります。

こういう時、優良業者ばかりとは限りませんので、悪質業者に引っかかると高額な費用を請求されたり、貴重品の持ち逃げ、お金になりそうな物をリサイクル品として無断で処理されたりする可能性もあります。

また孤立死のような場合は、長い間誰にも発見されず、悲惨な状態となっているケースもあります。

こういう場合は遺族がいても、ショックをうけており、現場に立ち入るのをためらってしまいます。

こういう時は遺品整理の専門知識を持つ人に依頼すれば、遺品整理の手助けをしれもらえます。

遺品整理の仕事は今後も需要が増え続けると言われています。
<遺品整理についてもっと詳しく知りたい方へ>>http://www.jedenastka.org/
ただし、ビジネススキルが必要なため誰でも簡単にできるわけではありません。