仙台市で不動産のローンを払うのが難しくなった場合、「任意売却」をオススメすると説明しましたが、不動産は単に住宅だけではありません。

★不動産って具体的に何?

不動産屋のイメージでアパートやマンション、家、駐車場などを連想する人が多いかもしれませんが、不動産にはれっきとした法律で定められた定義があります。

民法上では「土地および土地に定着している物をいう」と規定されています。

当然ですが土地に立っている住宅そのものは不動産で間違いありません。

定着が定義ですので、実は石垣や橋、土地に立っている木も不動産とみなされます。

読んで字のごとく「動かすことが出来ないもの」が不動産なのです。

そして不動産は必ず「登記」という手続きが必要であり、登記のないものはみなされません。

意外に思うかもしれませんが、立ち木なども実は「立木法」によって登記されていれば不動産とみなされるのです。

★任意売却は早めに相談した方が吉

上記のように、住宅以外にも何か不動産を持っているという人は万が一に備えて任意売却を頭の片隅に入れておきましょう。

離婚やリストラ、予期せぬ事故や病気でローンの支払いが滞ってしまうことは往々にしてあります。

滞納は貯めこんでしまうと「競売」にかけられてしまうおそれがあり、任意売却をしようとしても間に合わない可能性もあります。

少しでも支払いが難しいと感じたら真っ先に任意売却を扱っている業者や金融機関に相談しましょう。

ご参考:コロナで住宅ローン返済キツい人がまずやる事 | 本当は怖い住宅購入 | 東洋経済オンライン | 経済ニュースの新基準