遺品整理を依頼する場合は専門家に依頼しますが、中には悪質業者も存在しています。持ち逃げなどもあるので注意しましょう。
Show MenuHide Menu

遺品整理で何をするの?

2015年9月20日

遺品整理の仕事はその名の通り、亡くなった方の遺品を整理する仕事です。

遺族がいても遠く離れて住んでいると、簡単に仕事を休めないという理由もあります。
また、遺族が高齢者というケースも増えており、遺品整理をするのが難しい場合もあります。

こういう時は遺品整理を専門にしている業者に依頼すれば、遺品整理を代行してもらえます。

ただし遺品は不用品だけとは限らず、貴重品なども含まれます。

遺体が置かれていた現場が必ずしも安全とは限らず、汚染などの危険性があるケースもあるため、安易に室内に立ち入れない事もあります。

こういう時も専門知識を持った遺品整理業者に依頼すれば、遺族が危険な目に会うこともありません。

人が亡くなるというデリケートな問題もあるため、遺族がショックを受けている可能性もあります。

こういう時には遺族を思いやる気持ちも大切という理由から、女性に向いている仕事という見方もできます。

リサイクル業者に依頼する事もできますが、ご近所との騒音トラブルになりかねないケースもあり、専門知識を持った遺品整理士の需要は今後も増え続けると言われています。

ただ遺品を整理するだけではなく、遺族の気持ち、故人の気持ちを考えた遺品整理が求められています。

遺品整理士として働くためには資格が必要です。

専門知識が必要なので素人ができる仕事ではありません。

ちなみに遺品整理の資格は、資格取得条件などもなく、通信講座でも受講できますので、働きながら資格取得も可能です。