遺品整理を依頼する場合は専門家に依頼しますが、中には悪質業者も存在しています。持ち逃げなどもあるので注意しましょう。
Show MenuHide Menu

仕事に資格は必要?

2015年10月6日

遺品整理の仕事をするには資格が必要です。

ただ遺品を処分すればいいという事ではなく、廃棄物処理や特殊清掃などが必要になる事もあります。

こういう時のビジネススキルがないと務まらない仕事です。

遺族への気配りはもちろんですが、故人の気持ちや意思を尊重するという気配りも求められる事から、女性に向いている仕事とも言われています。

遺品整理の仕事をするには、遺品整理士の資格が必要です。
注目資格:遺品整理士 – 難易度・合格率・日程・正式名称 | 資格の取り方

認定資格となるため、資格取得には特に厳しい条件はなく、年齢や学歴など制限はありません。

通信講座でも受講できますから、シニア女性が自宅で学び遺品整理士の資格を取得する事もできます。

遺品整理士の資格を取得するためには、認定資格を発行している団体や協会に申し込み、教材を送ってもらいます。

受講期間は約2ヶ月ですが、その間はDVDで学びながら、課題の提出などをこなします。

学ぶ内容もいろいろありますが、一般廃棄物と産業廃棄物の違いなど専門知識なども学べます。

これに関しては法律で定められている事もあって、遺品整理士には必要なビジネススキルとなります。

資格取得後は遺品整理士として、遺品整理業者に就職する事もできますし、経験を積めば独立開業も可能です。

国家資格ではありませんが、認定資格を取得していれば、それなりの知識がある事の証明になります。

高齢化社会に伴い、遺品整理士の仕事は今後も需要が増加し続けると言われています。

新たな取得を資格しようと考えているなら、遺品整理士の資格を検討されてはいかがでしょうか。